糖質オフをする前に知っておきたい通販グルメの豆知識

>

糖質オフで期待できること

血糖値とインスリンの関係

私たちの主食には多くの炭水化物が含まれており、その中に糖質が含まれています。
さらに糖質の中には脳のエネルギー源となるブドウ糖があり、このブドウ糖は血液の中にも含まれているのですが、血液の中にどれくらいブドウ糖が存在しているのかを現したものが「血糖値」ということになります。
ですから、血液中のブドウ糖が急激に増えると、それだけ血糖値は上昇します。
血糖値が上がった時にコントロールするホルモンが、すい臓から分必される「インスリン」です。
インスリンがコントロールしてくれることによって、血糖値が安定しているのです。
もしもこのホルモンが正常に分泌されないで働きが悪くなると、高血糖になり様々な病気を引き起こしかねない状態になってしまいます。

糖質を多く含む食材

炭水化物に含まれる糖質を控えることによって、ダイエットに繋がると言われていますが、日本食にはお米をはじめ、炭水化物を含んだ食品が多く存在しています。
お米は白米ではなく、雑穀米や玄米など炭水化物以外の栄養素を多く含んだ食品がオススメです。
血糖値の上昇を抑えてくれる効果も、期待できます。
麺類にはパスタ・焼きそば・ラーメン・うどんなど、白米より糖質を多く含んだ食品が多いです。
野菜類の中では、じゃがいも・ながいも・とうもろこし・カボチャなど、果物類ではバナナ・柿・桃の糖質が高いです。
また、卵・チーズ・きのこ類・海藻類などは糖質がほとんどありません。
おやつの代わりにチーズを摂るのも、いいのではないでしょうか。


この記事をシェアする