インドアのゴルフ練習場が登場|出不精の方に持って来い

  1. ホーム
  2. 保険の活用法

保険の活用法

カップルとスーツの人

1日からでも加入可

現在様々な保険会社でゴルファー保険を販売していますが、加入者は3割から5割と言われ、その数は決して多くはありません。しかし、色々なレベルの人が楽しんでいるゴルフ場は、あらゆる事故が潜んでいる場所でもあります。例えば、打った球が同伴プレイヤーの眼に当たって失明させたという事故もありますし、球が頭に当たって入院させてしまった後に障害が残ったという事故もあります。これだけの大きい事故となると損害賠償金は何千万円になってしまうため、ゴルファー保険への加入は必須ではないでしょうか。ゴルファー保険はゴルフ時に起こる可能性のある事故に対しての補償、すなわち賠償責任保険が基本です。その特約としてゴルファー傷害補償やゴルフ用品補償、ホールインワン及びアルバトロス費用補償を付帯させることができます。保険会社によるものの、ゴルファー保険は1日や1週間など、スポットで加入できるという点が特徴です。ゴルフを1年通してやるわけではないという体験者や初心者などもお手軽に入ることができるので、いざというときに備えられます。1年間しっかりと加入したとしても数千円からのプランがあるため、家計への負担も少ないです。現在何らかの賠償責任保険に加入している方であれば、その保険に個人賠償責任補償を付けたり傷害補償を付けたりするといいかもしれません。しかし、コンペに良く参加するという方やゴルフ上級者であればホールインワン等の可能性がありますので、ゴルファー保険に加入しておくのが安心です。